←「起こし太鼓」トップページへ / 「出立祭」へ →

 駅前通りに火がたかれ、半股引に晒布巻の若者が気勢をあげて、付け太鼓をたたきながら町内回りに行く。
 臨時の街頭放送が「若松様」を歌い出すと、焚火の周りにいた裸男たちも気勢をあげる。
 太鼓のばちを持った太鼓打ちが、そして、付け太鼓が集団でやってくる。






























<焚火の様子>
<さらし巻き>
<付け太鼓>